死亡保障について

死亡保障について考える時、男性は「自分が死んだあとのお金なんか・・・」と考えてしまうかもしれませんが、女性は逆で、大黒柱がいなくなったとしても、今の生活や家族を守れる状態にしてほしい。という思いから死亡保険金についての計算をされる方がいます。

考えてみると、年金などの話でも出てくる老後のお金も、退職後20年間で必要なお金は6000万円などという数値も出ているくらいですから、若いうちに夫婦のどちらかが・・・などということになった場合のお金は本当にちゃんと考えておく必要があると思います。